ワーキングプアを抜け出す! 隠された扉を見つける方法

ワーキングプアの教科書 目次に戻る

ずっとずっと考えてました。この貧乏生活から抜け出す方法を。

  • どうにかして、このギリギリの生活を抜け出したい。
  • 収入を増やしたい。
  • おしゃれな洋服を買いたい。
  • 栄養のあるものを食べたい
  • 体調の悪い時は、迷わず病院に行きたい
  • 来年の仕事の心配をしないで、安心して眠りたい。

お金がない 貧困 貧困女子

私は勘違いしてました。

ワーキングプアを抜け出す=給料のいい仕事を見つけることだと思ってました。

だって、そういう風に教わってきたから(・□・;)
両親もそういう考えだったし、学校でもそう教えられてきました。

今、30代以上の人は、それが当たり前として育ってきたんじゃないでしょうか?

今、勉強しないと、今資格を取らないと将来困るよー。と親にも先生にも脅されて・・・

脅し 親

この将来困るっていうのは、いい仕事が見つからなくて困るという意味ですよね?

つまり、子どもの頃から立派な労働者になることを最終目標として
洗脳されているわけです。

(素直で真面目な労働者がいないと、国が困るからですね)

洗脳

しかし、大人になって労働者になった結果はどうなったでしょうか?

はっきり言って、幸せな会社員というのを私は見たことがありません。
不満でいっぱい。毎日辛い。そんな話ばかりを耳にします。

会社を辞めたい!

収入がなくなるのは困る

だから仕方なく今の会社で働いているという人がほとんどでしょ?

まあ、そうですよね。会社員になる以外の方法なんて知らない。
それ以外にお金を得る方法なんて分からない。

もしあなたが今、正社員ならば・・・今の会社に勤め続けるという選択肢もありかもしれません。

(ホワイト企業に限りますけど・・・)

でも、あなたが今、派遣社員アルバイト生活で既に30代以上だった場合、
優良企業で給料のいい仕事を見つけるという
夢を見るのは、もうやめたほうがいいと断言します!

日本の労働者は奴隷だ という記事でも書きましたが、
このまま待遇向上・給料アップを目指して、努力しても無駄に終わる可能性が高いです。

無駄だよ!

日本の労働環境は良くありません。そして30代以上の転職は難しいです。

普通の奴隷ちょっと良い待遇の奴隷に変化するだけでしょう。
一歩間違うと、普通の奴隷が、さらに悪待遇の奴隷になってしまうかもしれません。

私も、幸せになるために条件の良い仕事を求めて、資格の勉強を続けてきましたが
もうやめました!

(英語・簿記の資格を取得。その後社労士などにもチャレンジしてきましたが)

ちょっと頑張って資格を取得したからと言って、給料アップするほど人生は甘くないと悟りました。

かなり頑張って派遣社員の仕事をしたって・・・

都合よく使われるだけ

現状、ワーキングプアのあなたへ

スキルアップして、転職して収入アップ。という甘い幻想を捨てましょう。

貧乏を抜け出す扉は、そこではありません!!!

じゃあ、どうすればいいのか?

最終目標は、毎日働かなくても収入を得るしくみを作ることです。

収入=労働時間という考えを捨てましょう。

不労所得を目標としましょう。

毎日苦しい思いをしながら、
立ち仕事をしたり、
外回り営業をしたり、
パソコン入力をしなくても
収入を得ることはできます。

働いていない時間でも、収入が入ってくるようになるのが、最終目標です。

注)不労所得といってもよくあるネットワークビジネスとは関係ありません!!
私はネットワークビジネスが嫌いです。
現在の私は、誰にも会わず、営業活動もせずに収入を得ています。

幸せ

その仕組みが出来上がるまでは、少し時間がかかります。

だから、今の仕事をすぐに辞めてはいけません。

何食わぬ顔をして、自分の収入源が確保できるまで、
何食わぬ顔をして割り切って働き続けましょう

職場では、最低限の仕事で問題ありません。
もともと、最低限の賃金しか与えられていないのだから、それに見合う労働力の提供でOKですよ。

最低限だけ働く

そして、毎月の自分の収入減が今の給与の2倍になり、その収入を半年続けて稼げるようになったら、スッパリ労働者を辞めましょう。

その日が来るのを心待ちにして、ウキウキしながら準備を進めましょう!

まとめ

早く気づいて!
ワーキングプアを抜け出す扉は【労働者としてのスキルアップ】ではない。
じゃあ、どうすればいいの?
人に雇われない収入減を確保する= 【不労所得】を最終目標とするべき。

それが、貧乏生活を抜け出す扉です。

ワーキングプアを抜け出す扉

次の記事で、私が実践した、ワーキングプア脱出のための
リアルな体験談を解説します。

ページ上部へ戻る