③会社の奴隷をもうやめたい→7つの財布を作ればいいのに。—message3—

★会社の奴隷をもうやめたいの?→ ならば7つの財布を作ればいいのに。

セブンポケットという言葉を知っていますか?

聞いたことあるよーって方は素晴らしいです。

普段からアンテナを張って生きている方ですね。

セブンポケットという言葉はリーマンショック後のアメリカで生まれました。
7つのポケット=7つの収入源を持ちましょうという意味です。

日本人的にはポケットよりもお財布という言葉のほうがしっくりくるような気がする(*’ω’*)

まあポケットでもお財布でもどちらでも良いですけども、

収入減を7つ持つことで、安定した人生を送ることができるんです。

本業と副業という区別の仕方は、もう古い!

メインの仕事=本業
サブのおこずかい稼ぎ=副業

今まではこういう区別が普通でした。

しかし、もう既にその時代は終わりを迎えています。
なぜなら、メインの本業の安定が保障されなくなってしまったからです。

2019年4月。こんなニュースが大きく取り上げられましたね。

会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”
公開日:2019/04/23 14:50 引用元:日刊ゲンダイ

「企業は従業員を一生雇い続ける保証書を持っているわけではない」
「一括採用で入社した大量の人を効率よくトレーニングする考え方は、今の時代には合わない」

22日の会見で、こう強調していた経団連の中西宏明会長(写真)。
19日にも「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と発言して波紋を呼んでいるが、
この言葉通りに解釈すると、経団連が必要としている人材とは「若く」て「人材育成の必要のない即戦力」
かつ、「低賃金」で、「いつでもクビOK」ということだからフザケている。

定年まで安心だと思っていた、メインの収入の安定性はボロボロ。

1つの収入に依存することが、かなり怖いことだと分かりますね。

これからの時代は収入源が複数ないとダメ。
ただのおこずかい稼ぎではなく、リスクを分散させるんです。

POINT!7つあればどれかがダメになっても
焦らずに生きていける。

次から詳しく解説します。

セブンポケット(複数収入)を持つ意味と重要性

副業する余裕なんてない!というあなたへ

本業だけでヘトヘト
本業だけでも大変なのに、これ以上収入減なんて増やせるかよ(怒)

こんな声が聞こえてきます。

たしかにこれは事実です。

今、時間も心も余裕がないギスギスした時代です。
毎日会社に行くだけで精一杯だという人がほとんどでしょう。

だけど、今のその本業。
突然リストラされたらどうします?

今後の会社員生活を想像してみてください。

銀行、大手メーカーもどんどんリストラされる時代がやってきました
2019年、こんなニュースをよく見ます。
もう実際に起きていますね。

「事務系社員」を営業職へ配置転換。← 嫌がらせ??
AIに置き換えられた仕事は、なくなります。


リストラされると決まったら、会社は冷たいです。

家の家賃も払えない。
子どもの学費もどうしよう・・・。

焦りまくりますよね?

失業保険は数か月もらえるけれど、
その後はどうしたらいいのか・・・。

失業保険がもう終わってしまいそうなのに、
まだ次の就職先が決まってなかったら。

夜も眠れなくなってしまいます

自分を安売りして、希望しない仕事で妥協したり・・・。
安い給料の仕事やブラック企業を選んでしまったり・・・・。

辞めたくても生活のために辞められない地獄に陥りそうです。

でも、会社の収入以外に6つの収入源があったら。

想像してみてください。

1つ1つは数万円でも。
7つで会社の給料と同じくらい稼げていたら。

会社からリストラされても、焦らないですよね?

リストラじゃなくても、理不尽な人事異動や遠方への転勤。
これを強気で断れます。

いつ辞めても大丈夫。この安心感は最強です。
これで私の弱気な性格は強気に変化しました。
「この先何が起きても大丈夫」だと。

最初から7つの収入減を作るのは難しい。

でも最初は会社の収入プラス1つ。
1つめが安定したら2つめ。

そんな風に収入源を増やしていくプロセスは、かなり楽しいです。
次は何をしようかな、とワクワクします

セブンポケットを実現する大事なポイント!

ここを間違ってはダメ!もちろん、アルバイトを7つするのは無理です。
労働収入を7つ掛け持ちしても時間も体力ももちません。
重要なポイント!時間がかからず、効率よく稼げる収入。
それを条件に絞り込み、私は収入源(お財布)を増やしています。

収入源が増えて、自信のなかった私の人生は強気に変わりました 🙂 

ワーキングプアを抜け出すために、試行錯誤した私の体験が
あなたの役にたつことを願って。

実際私はどう行動し、どう考えていったのか。

こちらからお読みください!

ページ上部へ戻る