危険な投資(借金)の話を聞いてしまいました

投資初心者の人は要注意の話

私はいつも、良い投資の話がないかチェックしています。

1つの投資だけに依存してしまうと、将来が心配。
なるべく分散投資をしたいからです。

このブログのテーマは「7つのお財布を作ること」ですから!
収入源を7個以上に増やすために、毎日情報収集をしています。

そんな中、これちょっとどうなの?
と怖くなる話を聞いてしまいました…。

この話を良さそう!と思ったあなたは、借金を抱える危険があります。

ここからの話をよく読んでみてくださいね。

一瞬でも、興味を持ってしまったあなたは、
投資で失敗する可能性が高いです
本当に注意してください。

危険, 死, 警告

運用資金がない人を狙っている、怖い投資話。

ある投資グループで私が実際に勧誘された話です。


「投資をしてみたいけど、運用資金が少ない」
という人は実際に多いです。

そういう人へ向けて、
無料で運用資金がもらえる、いい話があるよ。
という話が始まりました。

本当なの?無料で資金がもらえる?
その資金を返さなくても良い?
それだけ聞くと、美味しい話と思うかもしれません。

私も、疑いながらも話だけ聞いてみることにしました。
(どういう仕組みなのか、興味があっただけですが 笑)

その美味しい話の、裏側はこうなっている!

あなたは、この勧誘者Xさんと契約を結びます。

どういう契約か順番に説明します。

あなたは、カードローン会社から借金をします。
(例えば、アコムとかアイフルなど)
50万円を4社分=200万円。

Xさんと対面で会い、借りてきた200万円の現金をXさんに手渡します。

ここで契約書を交わします。
あなたは、Xさんに200万円を貸す。
Xさんは200万円を2年間かけて、分割で返済する。

その場で、なんとカード会社のキャッシュカードまでXさんへ預けてしまいます。
(怖い・・・!)

あなたは、報酬として借金額の10%である、20万円をもらいます。
(これは、お礼なので返済しなくて良いお金)

Xさんは、あなたのキャッシュカードを利用し、毎月カード会社へあなたの代わりにお金を返済します。

2年間で、返済が終わるのを待ちます。

さて、この話を聞いてどう思いましたか?

私は、こう思いました。
「こんなこと、契約する人、ほんとにいるの?」

だって、リスクが大きすぎませんか?

Xさんを信用して大丈夫?
契約書を交わすとはいえ、契約がまともじゃないし心配すぎる。

借金の名義は、あなた自身です。
カード会社に対し、借金をしているのはあなただから、返済義務はもちろんあなたにあります。

もし、Xさんと連絡が取れなくなって・・・
事情をカード会社に話したとしても、相手にしてもらえないかもしれません。

あくまで契約者はあなた自身。
「じゃあ、返済しなくていいですよ」なんて甘い対応にはならないでしょう。

警察に通報したとしても。
あなたが法律的に守られるのか、疑問です。
(おそらく、このXさんとの契約はカード会社の契約違反になるのでは?)

冷静に考えて!目先のたった20万円がもらえるからといって。
200万円の借金を背負うリスクを取るなんて。
怖すぎます。

でも、実際に契約している人が、多数いるらしい

Xさんの話によると、今までに何人も契約したそうです。
安定した企業に勤めている人は、700万円のカードローンを借りられたとか!

みなさん、大丈夫でしょうか?
本当にその借金、Xさんがちゃんと最後まで返済してくれるのでしょうか?

今回、このような仕組みを初めて知りましたが
昔からあるのでしょうかね?

とにかく、怖い仕組み。
衝撃を受けたので、書いてみました。

こんなリスクを取らなくても投資はできる

大きな借金をしなくても、できる投資はたくさんあります。
資金が少なくても、始められるものからやるべきです。

焦るとろくなことにならない。
早く稼ごうと焦ると、必ず失敗します。


早く稼ぎたい…その気持ちは分かります。

でも、私は焦って欲張って大きな落とし穴に落ちました。
せっかく増やした資金を、焦りすぎて全額なくしてしまったのです。

私と同じ失敗をしたくない人は、このページを読んでみてくださいね。

私の過去の失敗談を読んでみる

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る