DBACとRAY9の違いは何なの? カジノ自動売買システム

手動だったDBACが、自動売買になるらしい・・・

その疑問にお答えします。

大元は同じシステムです。

でも、販売方法と毎月の利用料が違います。

ほぼ同じですが、DBACは月額利用料がかかる方式。
RAY9は、システム買取方式です。

DBAC 入会金49,800円
月額利用料 毎月12,960円(1台につき)
バーストガード 毎月10,000円

RAY9 入会金なし
システム買取料金 10万円(1台につき)
バーストガード 毎月13,000円

私はDBACのネットワークビジネス形式が好きではないのと
システム買取のほうが、長い目で見るとお得なので、
RAY9を選びました。

どういう違いかイメージしてみよう!

マンションの
賃貸タイプと分譲タイプをイメージしてみてください。
住むのは同じマンションです。

部屋の広さ・設備も一緒です。

 

DBACはお部屋を賃貸タイプとして利用。
毎月の利用料を大家さんに払う。

RAY9は分譲マンションタイプ。
お部屋は自分のものになります。
いらなくなったら、だれかに売ることも可能です。


1年未満の家賃で、分譲マンションが自分のものになるなら、

買取タイプの方がいいかなーと思いました。

違いについて、分かっていただけたでしょうか?

カジノ自動売買システムの検討中メルマガはこちらから

とりあえず検討中の方は登録を!
最新情報をメールで送ります。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る