自動売買EA(エキスパート・アドバイザー)を設置する方法です!

ついに!自動売買プログラムを設置する段階にやってきました。

自動売買のプログラムEAと呼びます)をMT4に入れて設定します。

これが終われば、あなたが寝てても遊んでいても、代わりに自動売買EA様が働いてくれます。

詳しく解説しますので、最後までやり遂げましょう!

この解説は、私の自動売買(あやの配布のEA)設定を前提に説明しています。

ですが、どのEAでも設定方法は同じ。

一度覚えれば、次から楽にどんなEAでも設置できちゃいます。
ぜひ覚えたい知識です。

理想の自動売買ライフを実現するために、やってみましょう〜!

<最初に確認>

確認その1

自分のパソコン or レンタルVPS 自動売買を動かすパソコンを決めましたか?

確認その2

自動売買用のパソコンに、MT4をインストールしましたか?

確認その3

XMの口座開設済みで、自分のMT4取引口座にログイン済みですか?

確認その4

EAを稼働するチャートは開いてますか?

【STEP1】EAのデータファイルを自分のパソコンへ保存する

EAファイルは、メール添付で受け取り、またはダウンロードして手に入れます。
【ex4ファイル】というのが自動売買のEAファイルです。

そのファイルをパソコンのデスクトップなど分かりやすい場所へ保存してください。

要注意!ex4ファイルはクリックしても開けないファイルです。
開かずにそのまま保存しましょう 😀

とりあえず、デスクトップへ保存

そのex4ファイルを右クリック コピーしておきます。

注意!コピーするだけ。まだ貼り付けませんよ!

 

【STEP2】MT4のデータフォルダを開く

MT4の左上のファイルデータフォルダを開くMQL4Experts
フォルダをどんどん開いていきましょう。

今開いているExpertsフォルダに先程コピーしたex4ファイルを貼り付けます。

Expertsフォルダにex4ファイルが入りました。

もうこのフォルダ画面はバツをクリックして閉じてしまってOKです。

【STEP3】MT4左側のナビゲーターを見る

ナビゲーターの中のエキスパートアドバイザの上で右クリック更新

すると、先ほどコピーしたEAが反映されています!

【STEP4】通貨のチャートへ自動売買を設置

自動売買を動かしたい通貨のチャートはすでに開いているはずです。
USD/JPYなど、その自動売買に対応するチャートにEAをセットしましょう。

自動売買によって、どの通貨で稼働するかは異なります。
利用するEAの説明をよく読みましょう

XMのマイクロ口座は要注意!


普通のUSDJPYではなく、USDJPYmicroチャートを選びましょう。

チャート上に、EAをドラッグ&ドロップ!

ぐいっとEAをつかんで、チャート上でマウスを離します。

こんな画面が開くはずです。
これを「パラメーター」と呼びます。

 

【STEP5 パラメーターを設定する】

「全般タブ」を 画面の通りにチェックを入れましょう。

詳しいパラメーターの設定は、EAのタイプにより違います。
私のEAを使う方には、配布時に「パラメーター詳細」を説明しています。

基本的な設定は以上で終わりです。

パラメーター設定が終わったらOKボタンを押して閉じます。

【STEP6】 自動売買ボタンをONにする

画面の場所を押しましょう。赤から緑のマークに変わります。

自動売買オンの場合は緑色

自動売買オフの場合は赤色

【STEP7】 ニコニコマークを確認しよう!

チャートの右上のニコちゃんマークを確認します。

ニッコリ笑っていたらOK!
自動売買は動いています。

怒った顔をしていたらNG!
自動売買は止まっています。
もう一度、やり直してみましょう。

自動売買が動かない時は・・・?

顔のマークをクリックすると、パラメーターが開きます。
パラメーターを再確認!

【STEP8】 EA設置は終了です。

資金がMT4口座に入っていれば、もう自動売買は動き始めます。

【最後に】

ここまでお疲れ様でした。
これからの自動売買売買ライフが楽しみですね!!

 

 

2019年最新版!XM解説記事まとめを
最初から読む

 

 

関連記事

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る